グルテン

埼玉県の南東部、東京の郊外に位置している越谷市

越谷市は埼玉県の南東部に位置してしている都市です。人口は埼玉県内で5番目と非常に多く、東京都や千葉県、茨城県に近いという点が魅力となっています。西には埼玉県さいたま市が、南には東京都足立区が、西には千葉県柏市や茨城県取手市があり、他府県から訪れやすい立地にある都市です。

 

人口が30万人を超えている中核市であり、埼玉県が独自に制定している彩の国中核都市、東京都の人口過密を防ぐ目的で制定された業務核都市にも指定されています。東京都の郊外に位置している都市の1つであり、JR東日本と東武鉄道を利用すれば容易に都心にアクセスすることが出来ることもあって、ベッドタウンとして発達してきました。

 

JR東日本武蔵野線や東武鉄道の線路沿いには住宅が多く作られていますが、自然が多く残されている地域も多くあります。田畑が多いこともあって、葱やくわいといった野菜の栽培も盛んであり、特に小松菜は埼玉県内で6位の生産量です。人口が多いのが特徴ですが、同時に市の面積が広いという特徴も持っており、人口密度では他の大都市に比べてランクが低めとなっています。

 

ゆったりと過ごすことが出来るのでファミリー層の人気も高く、ファミリー層とディンクスの割合が多いのも特徴です。越谷市は自然が多いものの殆どは平地であり、山林や原野といったものが殆どありません。市内には多くの川が流れており、山林や原野の少なさもあって美しい川の流れを堪能することが出来ます。


遊びの定番のカラオケ店は、越谷市にも多くある

遊びの定番と言えば、カラオケです。越谷市内にはカラオケ店の数が多く、街を南北に走っている東武伊勢崎線に沿うように造られています。シティベアやビッグエコーにカラオケBanBanといった定番のチェーン店が軒を連ねており、選択肢が豊富である点が魅力です。遊ぶ際の状態によって訪れたい店というものは変わり、大人数の場合はパーティーのような感覚で楽しめるところを選ぶのが基本となっています。

 

人数が多い場合は部屋も広いところの方が良いですし、料理やドリンクの種類も豊富な方が無難です。大人数になればなるほど、様々な好みに対応することが出来る規模の大きな店が役立ちます。カラオケのチェーン店の中で、大人数で遊ぶ場合に向いているのはシダックスであり、越谷市にも大里や蒲生南町に店を構えているので問題なく利用することが可能です。

 

飲み会に近い形態で楽しむことが出来るのがシダックスの魅力であり、パーティーコースの料理は定番となっています。逆に、それほど人数が多くない場合は値段、駅に近いかといった点で店舗を選ぶということも珍しくはありません。

 

カラオケ本舗まねきねこの店舗は値段が安いことで知られており、あまりお金に余裕がないという場合に向いている店です。東越谷に店があるので、こちらを訪れて低料金でカラオケを楽しむことも可能となっています。カラオケ店は殆どが朝まで営業を行っているので、終電がなくなってから楽しいことをしたいという場合に最適な施設です。

 

カラオケで遊んだ後には越谷の風俗はいかがでしょうか。特に越谷のデリヘルは、さいたまのデリヘル店大宮のデリヘル同様にお店の数も在籍女性の人数も多いので、質の高いサービスが受けられると評判です。


越谷の特産物「太郎兵衛もち」

越谷は特産物がたくさんある街ですが、中でも人気のあるものに、もち米の一種である太郎兵衛もちがあります。太郎兵衛もちは、江戸時代、宮本町(当時は四丁野村)にいた名主の会田太郎兵衛が、優良なもち米を選びぬくことに成功してつくられた品種であることから、会田太郎兵衛の名をとって太郎兵衛もちといわれるようになったものです。このもち米は、粘りがあってこしが強いのが特徴で、独自の味を持つため、今なお親しまれています。

 

太郎兵衛もちは、明治時代には東京でも話題となり、和菓子店や宮内省(現在の宮内庁)が買い求めるなど、非常に人気があったものです。一時期は栽培する農家が少なくなっていましたが、保存運動が起こるようになった現在では、太郎兵衛もちを栽培する農家が増えてきたとされています。太郎兵衛もちは、越谷の発祥の特産物のひとつであるために、地元の有志などによって保存活動が進められるようになっているのです。

 

また、太郎兵衛もちは、「こしがやブランド」として認定されています。「こしがやブランド」とは、越谷市でつくっている商品に対して認定する制度で、現在、19の商品が認定されています。太郎兵衛もちに関連する商品としては、もち米、のし餅、切り餅、あられなどがあって、越谷の農産物直売所などで販売されています。また、太郎兵衛もちは、おじゃる丸で有名な越谷出身の漫画家・てしばまさみによるパンフレットでも紹介されています。