グルテン

文化財

草加市には数多くの文化財があります。市のシンボル、あるいは観光資源として役立てられているものもあれば、地元の人にもあまり知られていない隠れた文化財もあります。そんな文化財について見てみましょう。

 

まず県によって指定された文化財が「三覚院本堂格間板絵」。25面のこの板絵は草加市青柳にあり、昭和53年に文化財としての指定を受けました。草加市のみならず県を代表する文化財といってもよいでしょう。

 

市の指定文化財では金明町にある「宝積寺木造千体地蔵」。その名の通り千体の地蔵によって成り立っているもので、江戸後期に作られたものとされています。こうした千体地蔵が完全な形で残っているのは非常に珍しく、高い資料的価値を持っています。実際に見るとその迫力に圧倒されることでしょう。

 

歴史資料では金明町の旭神社にある「旭神社算額」。これは江戸から昭和にかけて数学者が掲げた絵馬で、県内でも屈指の古さと質のよさを誇っています。それから神明にある「東福寺鐘楼」。石積みの基壇に立つ鐘楼で、威風漂う印象的な建造物です。施された彫刻も見事なもので、優れた技術を持った工匠によって作られたと推測されています。他にも庚申立像や「吉岡家所蔵歴史資料」「藤波家所蔵歴史資料」など、草加市の歴史を今に伝える文化財も多数あります。こうした文化財は草加市に住む住民すべての宝といってもよいでしょう。気軽に立ち寄ってみることができるものも多いですから、草加市の歴史に触れてみてはいかかでしょうか。


千葉の風俗は千葉デリヘルスタイル

千葉風俗デリヘル情報!船橋・松戸・柏・成田など、千葉県全域の優良店を厳選紹介!
www.fuzoku-chiba49.com/